rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

スノーピーク HOME & CAMP バーナー① 到着

注文の翌日の夕方に我が家にやってきた「スノーピーク HOME & CAMP バーナー」。

さっそく箱から取り出してみました。

 

見た目はカセットボンベカバー&ケースという感じ。嫁さんは「何?」と。

箱の写真を見て、カセットコンロだとわかり、(また、始まったか―・・・・) という顔をして、呆れています。

 

ネットの紹介ページでは立てた状態の写真がよく掲載されています。縦置きだと収納性もいいです。

f:id:rmenx13:20190809192824j:plain

 

安定はしないものの横置きも可能ですが、樹脂の足と金属の足の二点だけで支えているから非常に不安定。倒れ易いです。

f:id:rmenx13:20190809195347j:plain

反対側。

f:id:rmenx13:20190809193000j:plain

もともと横置きをするようには考えられてはいないようです。

 

スイッチ側。右上はボンベカバーです。f:id:rmenx13:20190811104001j:plain

f:id:rmenx13:20190811104011j:plain


ボンベカバを開けると・・・中にバーナー・五徳のユニットが綺麗に収められています。うまく詰め込みましたね。f:id:rmenx13:20190809193222j:plain

 

五徳を引っ張り出してみました。簡単に引き出すことが出来ます。f:id:rmenx13:20190809193332j:plain

 

底にロックピンがあるので、強く押してユニットを回転させます。この押し方が悪いとロックボタンが樹脂内部に入ってしまい、たいへんなことに。

f:id:rmenx13:20190809193401j:plain

 

こんな風に回転しました。このギミック、よく考えつきましたね。感心します。

銅製のヒートパネルがやたらと目立っています。

f:id:rmenx13:20190809193646j:plain

 

内炎式バーナーと点火装置。あれっ、金具が曲がって取り付けられていますよ。

f:id:rmenx13:20190809193808j:plain

 

熱効率の良い内炎式バーナーと確実に着火する点火装置。内炎式は風に強いと言われています。

f:id:rmenx13:20190809194238j:plain

 

五徳兼足を広げます。ストッパーはないので、固定されず簡単に動いてしまいます。

このバーナーの周囲の部分が五徳をセットすることによって傷がついてしまうという指摘があります。そーっと動かしましょう。

f:id:rmenx13:20190809193934j:plain

 

本体の二か所と足の赤丸の部分の計四か所でバーナーを支えています。f:id:rmenx13:20190809194142j:plain

足を広げると、かなりの大きさになりますね。

五徳のギザギサは滑り止めのようです。イワタニのコンロには、このギザギザはついていませんが、それほど滑りません。ST-310にしてもギザギサはありますが、気休め程度です。そんなに役立っているとは思えません。