rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

車のボディーカバーが外れないように!

埃と鳥の糞の予防にと、ボディーカバーを被せました。

 

「車カバー コンパクト ボディーカバー ハッチバック

f:id:rmenx13:20190531160858j:plain

Amazon

専用ではありませんが、前後がゴムで絞ってあり、中央をベルトで固定するタイプです。ベルトは車体の下側を通しています。

 

ところが、強風のためなのか? ボディーカバーが車の後ろ側にくしゃくしゃになって外れていました。ベルトのおかげで車体から外れることはありませんでした。引っ張ったら、そのベルトがカバーから外れてしまいました、なんてこった。

 

いつ何時強風が吹くかわかりません。 

もっと確実に固定できる方法はないかと調べてみると、カバー自体は前後の絞り加工と車体下を通すベルトしかないようです。知恵袋では、ボディーに紐をかける・・とあったので、やっぱりその方法が簡単でいいだろうと考えて、簡単に着脱できると思ってベルクロを買ってみました。

 

ベルクロに重りをつけて車体の下を通そうと投げ入れましたが、駐車場はコンクリートではなく砂利がしてあるので、投げ入れても砂利に引っかかって反対側に出てきません。ようやく数回やって手が届くところまで出てきました。

 

マジックテープ結束バンド 両面 黒 20mmx5m

f:id:rmenx13:20190531161912j:plain

Amazon

 

ところが、ベルクロ同士がすぐに絡み合ってしまうんですよね。予想していましたが、ひどかったです。 設置する時も外すときも大変でした。こりゃー、ダメだ!

f:id:rmenx13:20190531162014j:plain

収納するために、巻こうと思っても、綺麗に巻けないし時間がかかります。

f:id:rmenx13:20190531162143j:plain

 


そこで、普通のベルトにしてみました。

幅25mm 長5m 荷締め ベルト 2本セット 荷締バンド 地震対策グッズ 運搬用 固定ベルト 固定バンド

 

f:id:rmenx13:20190531162248j:plain

Amazon

 

これなら絡みつかず、車体の下を通すことができます。

あとは、ベルトを強く引っ張って確実に固定するだけです。こっちの方がいいですね。

 

5mなので、フロントガラスとドア前部にかかるぐらいの長さしかありません。

本当は後ろのドア辺りも止めようとしましたが長さが足りませんでした。

f:id:rmenx13:20190531162819j:plain

 

金属部分の周囲には風で暴れてボディーに傷がつかないようにと、念のためベルクロを巻いておきました。

f:id:rmenx13:20190531163228j:plain

 

前のドアの前方あたりです。f:id:rmenx13:20190603081357j:plain



引っ張れば簡単に固定できるのは便利ですが、不用意にこの部分を押してしまうと緩むのが難点です。

f:id:rmenx13:20190531162505j:plain

 

これで様子をみてみます。

カバーを外したりかけたりするのに、ひと手間加わってしまいましたが仕方ありませんね。