rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

SOTO レギュレーターストーブ FUSION ST-330⑩ 遮熱板だけ

前回、ST-330に取り付ける遮熱板について書きました。

現在、僕が愛用しているのは、

「SOTO レギュレーターストーブ 対応 グリルプレート(遮熱板付き) 板厚4.5mm」 

この鉄板に付属している遮熱板です。 

f:id:rmenx13:20190421122253j:plain

Amazon

 

 

f:id:rmenx13:20190421122542j:plain

Amazon

 この遮熱板がいい働きをするんですが、鉄板と一緒でないと買えません。

 

でも、遮熱板だけの販売もされているんですね。 それが、

「Space fire ST-310 シングルバーナー 用 遮熱板」

f:id:rmenx13:20190421122904j:plain

f:id:rmenx13:20190421122735j:plain

Amazon

長さは17㎝×16㎝(厚さ0.8mm)なので同じですが少し形が違っています

全く同じでした。ただ、磨いてあって艶消し。

遮熱板だけ欲しいなら、これがお勧めです。 もちろんST-310専用です。

 

このST-310専用の遮熱板をST-330に取り付けた時に遮熱板の切り欠きが短くて、五徳が内側に寄ってしまうと書きました。この遮熱板の切り欠きを外側に少し削ればST-330用に使えそうです。

f:id:rmenx13:20190421165328j:plain

ただ、削りすぎてしまうと、強度が問題になるかなー。それよりも垂直の足からスルスルと下に落ちてしまう・・・

 

さて、加工しやすいアルミで自作しようとすると、サイズ的には300mm×400mm 厚み:0.5mm のアルミ板。

「光 アルミ0.5×300×400mm  」かな?

値段は¥ 528 + ¥ 540(送料) =¥1,068

ステンレスの場合は、「Space fire ST-310 シングルバーナー 用 遮熱板」の場合だと・・・

¥ 1,580。しかもAmazonポイント¥ 280を差し引くと・・¥ 1,300。その差 232円。

こっちですね。 

 

まずは加工してみましょう。

明日は、この遮熱板を加工してST-330専用にと製作した記事を載せます。