rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

ドイツ軍 カトラリーセット

届きました。

「ドイツ軍 カトラリーセット 」

 

外側を包んでいる油紙を剥がすと、透明なビニールケースに入ったカトラリーが見えました。(ケースはビニールなので、いつか破れてしまうでしょう。)

 

さて、本体はずっしりと重いです。そして大きいです。

左は比較のために並べた、先日届いた弁当用の小さなスプーンです。それと比べると巨大でしょ。計量スプーンのようです。

でも、ステンレスの質感はいいですね。

ドイツ連邦軍官給品を表す「BUND(ドイツ語で連邦の略)」らしいですが・・

f:id:rmenx13:20190408164728j:plain

 

とにかくスプーンが大きすぎて、「あーん!」と口を大きく開けないと口の中に入りません。カレーを食べるときは、スープを飲むような感じでスプーンの端にご飯を乗せて食べるといいかもしれません。

軍隊の、男の食器っていう感じです。小さな子供ではスプーンが大きすぎて無理です。使いづらいでしょう。

 

さて、バラバラにしたのはいいのですが、いざ収納しようと思って戸惑いました。缶切り・栓抜きのついた外側のケースに入らないんです。

 

順番か、コツがあるようで、無理に入れたら外せなくなってしまい、外すのに苦労しました。

 

しばらくいじっていて・・・ようやく分かりました。

 

【収納方法】ポイントは切り欠き!

①手前がスプーン、奥がフォーク。このボッチを合わせます。f:id:rmenx13:20190408165812j:plain

 

②こんな感じですね。ナイフの向きが重要です。この向きです。f:id:rmenx13:20190408165906j:plain

 

③ナイフの切り欠きにケースの突起をはめます。ナイフのセット完了。

f:id:rmenx13:20190409064740j:plain

④続いてスプーン&フォークをケースに入れ、赤丸部分を押しながら、最後にケース側の切り欠きまで移動させてカチッと入れます。f:id:rmenx13:20190408170315j:plain

 

⑤こんな風に、切り欠きに入りました。

これがストッパーになって、簡単には外れない仕組みです。

これなら安心して持ち歩くことができます。f:id:rmenx13:20190408170432j:plain

 外すときは、この逆でストッパーの部分を指で押せば、楽に外すことができます。

よく考えられています。

 

⑥これで組み立て完了。

f:id:rmenx13:20190408170530j:plain

 

キャンプで使ってみたいですね。

存在感があります。いかにも道具って感じ。きっと所有欲も満たしてくれますよ。

 

ケースはやっぱりペンケースにしました。とにかく入ればいいので、廉価なものにしました。

「KUUQA スリム ペンケース  」

これはペンだけではなく、プルームテック用に使われている方が多いです。僕はカトラリーケースとして使用します。サイズはギリギリなので・・・うまく入るかなー?

f:id:rmenx13:20190409170643j:plain

 

  

★参考までに家で使っているスプーン&フォークと大きさ比べをしてみました。

スプーンの巨大さがわかりますか?

嫁さんは、家用のスプーンでも大きいと、一回り小さいサイズのスプーンを使っています。f:id:rmenx13:20190408174606j:plain

とにかくスプーンは幅が5㎝ほどありますから注意!

スープをすするならいいですけど、口に入れない方がいいです。

 

ゆるキャン」のスプーンの幅は4㎝以下なので、普通の方や女性は「ゆるキャン」タイプをお勧めします。お値段も安いし・・・。