rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

Keith クッキングポット チタン ライスクッカー 気になったんだけど・・・

スノーピークのソロセット 極 チタン が気になる」と書いたんですが・・・

f:id:rmenx13:20200205140922j:plain

Amazon

 

ネットは怖い、次々といろいろな製品に目移りしてばかり。

別のモノを買っちゃいました。

 

なぜ、「極 チタン 」ではなかったのか・・・・、それはやっぱり熱伝導が悪いチタンだからでした。軽くて丈夫なのは、とても魅力的なのですが、過熱がうまくいかないのであれば、不安です。何に使えるかと考えると、お湯を沸かす程度かな?

 

それよりも炊飯に特化した、このクッカーの方が興味深いしおもしろそうです。

 

「Keith クッキングポット チタン ライスクッカー ケトル」

「極 チタン」と同じチタン製の二重構造のライスクッカーです。

f:id:rmenx13:20190302125712j:plain

Amazon

 

外ポットにはガッチリと蓋を固定するストッパーがついています。

チタンの輝きが最高です。蓋のツマミにもシリコンが取り付けられ、ツマミはちゃんと自立しますよ。

f:id:rmenx13:20190302130119j:plain

Amazon

 

内ポットにはいくつか穴が開いていて、ここから熱水が入り込めるような構造です。上には透明なシリコンがつき、漏れを防いでいますf:id:rmenx13:20190302130138j:plain

Amazon

 

チタンでは炊飯が難しいという弱点を、二重構造にすることによって解決したんですね。

ストッパーやシリコンなど、細かいところまで手が込んでいます。作りもいいですよ。

 

材料:チタン、304ステンレス鋼線、シリカゲル管 サイズ:118(長さ)x108(幅)x158mm(高さ)。 重量:256g。最大容量:900ml      《Amazon

目盛りは100g,200g,280gと刻んであります。

 

これなら炊飯の他に、内ポット にスパゲッティーを入れて茹でたり、シュウマイも暖められそうです。もちんお湯を沸かすことも・・・

 

直径は「プリムス イージークック・ソロセットS」と同じですね。

ですから、中にEPIのチタンクッカー330mlが収まります。

今後、それ以外に何が収納できるか試したいです。

f:id:rmenx13:20190302132008j:plain