rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

コールマン ガソリンストーブ 508 溝ゴムを装着

今日も快晴で、室内はポッカポカ。

暖かいです。

空気も乾燥していて、喉が痛みます。

温度は21℃、湿度計の目盛りは、20%を表示しています。

湿気は「錆の素」なので、湿っているよりも乾燥状態の方がいいのですが、人間にとって乾燥は大敵。お肌にもよくありません。

乾燥して喜ぶのはインフルエンザだけです。

 

そこで濡らしたタオルをハンガーに窓際に吊るしておきました。ほんの気休め程度です。たいした対策にはならないと思いますが、ないよりマシかな?

 

さて、ここ数日ガソリンストーブ(バーナーではなく、ストーブにしましょう)の話題でした。

キャンプを始めた頃はカセットガスバーナーはなかったので、ガソリンストーブオンリー。手間がかかりますが、キャンプしてる! って感じで満足感100%でした。

 

それがカセットガス仕様のSOTOだったり、イワタニだったり・・・

バーナー自体価格が安いので買いやすいし、使い方も楽でいいんですが、なんか物足りなくなりました。

 

キャンプに行って、何するんだろう?

ここが原点のような気がします。

 

そんな時に古いガソリンストーブ ピーク1 を久々に点火してみて、ガソリンストーブ熱に火がついてしまいました。

f:id:rmenx13:20190124112133j:plain

 

先日の「508」の購入もそう。

①錆はなく燃焼による変化はあるものの、バーナーは綺麗。

②ボディーのタンク、説明のシールが綺麗なこと

 

いろいろな商品がある中で、購入する条件は、この2つが決め手ですね。その代わり、それなりの値段もしますよ。

 

ネットには古いストーブを分解して磨き上げている方もいらっしゃいますが、そこまでは面倒。

せめて最初から分解掃除までしなくて済む程度の良い、美品がお勧めです。

f:id:rmenx13:20190124111327j:plain

 

底に「溝ゴム」を取り付けました。f:id:rmenx13:20190129063920j:plain

 

僕は「モノタロウ」で購入しましたが、Amazonでも、このメーカーの溝ゴムを扱っています。このサイズです。

f:id:rmenx13:20190129064516j:plain

 

 

新品未使用も魅力的で超綺麗ですが、せっかく綺麗なのに燃焼させるとバーナーが変色してしまいます。それががもったいなくて。

キャンプで使うのなら、わざわざ新品を使うよりも燃焼済の方が気軽に使えます。

 

ピッカピカのメッキ仕様のセンテニアルストーブなんか、記念のストーブですから飾っておく方がお似合いです。(使っている方もいるんですけど・)

 

ということで、ポンピングした後に点火、赤火が青火になったら、さらにポンピング・・・・その炎でお湯を沸かしコーヒータイムを楽しみたいです。

 

※そうだ、外の物置にしまってあるコールマンツーバーナー413H オプションのサイドトレー、油貯めのついた専用の 鉄板、それにL字型のアルミ製のColeman ハイスタンド

 

絶滅危惧種かと思ったら、まだ使われている方もいるんですね。今だと逆に目立つ?

 

たいした価格にはならないでしょうが、今度まとめてオクに出してみましょうか?