rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

コールマン ガソリンストーブ 508 人にやさしい、プラケース

我が家にやってきたシングルバーナーについていた綺麗なプラケース。

 

バーナーとの隙間があるので、入れたまま動かすとガタガタと音がします。しかもケースの内側の縁はカッターで切ったようで傷がつきそう。これです。もともと、こんな感じなんですかね?

指を切りそうです。「CAUTION COOL BEFORE STORING」

注意 収納する前に冷やせ? ですか?

f:id:rmenx13:20190122120702j:plain

そこで、人にもバーナーにも優しいケースに改造しました。

 

家にあった古い灰色の電線。ディスプレーとPCをつなぐコードです。必要な長さに切って、半分に切れ目を入れて中身を取り出して・・・・・端からはめこんでいきます。f:id:rmenx13:20190122120827j:plain

このコードを使いましたが、お持ちのシリコンチューブでもいいかもしれませんね。両面テープで固定しようと思いましたが、外れないのでこのまま使ってみます。

 

付属のスパナは底に収納。その上から底面と同じ形に切ったカーボンフェルトを乗せました。

f:id:rmenx13:20190122121031j:plain

 

出来上がり。

f:id:rmenx13:20190122121130j:plain

508Aのケースでは、収納する穴が丸くなく四角いんです。

 

まだグラグラしますが、傷はつかないでしょう。f:id:rmenx13:20190122121358j:plain

 

この上からさらにカーボンフェルトをかけて蓋をしました。

f:id:rmenx13:20190122121448j:plain

 

このカーボンフェルトは一辺が22㎝くらいの正方形。バーナーの下に敷いて使う予定です。地面やテーブルに直接バーナーを置くとバーナーの底に傷つきますからね。その保護も兼ねています。

 f:id:rmenx13:20190122121715j:plain

 

プラケースの「PUSH」と書いてある爪は固いですね。以前持っていたランタンケースもそうでした。そう簡単に外れては困るので、固い方がいいですが、とにかく固い! 

 

ちょっとした改造 (いや、工夫かな?)でしたが、これで安心してバーナーを収納することができます。

 

※バーナーにアルミ製の収納ケースがついているモデルもありますが、アルミ自体傷つきやすく、しかもバーナーを直接入れるとバーナーにも傷がついてしまいそうです。その点、プラケースはいいですね。

 

※コードが余っていたので、バーナーの底の縁にもつけてみました。ここが一番傷つきやすい部分。このバーナーにもいくつか傷があります。

モノタロウには、こんなU字ゴム(溝ゴム)というのがあります。これを使えばよかったか? それともエッジ用ゴムパッキン?

溝ゴム 光

f:id:rmenx13:20190122163011j:plain

以前、ピーク1のポンピングをする時にキャンプテーブルの上でやったら・・・・ピーク1の鉄製の三本の足でテーブルが傷だらけになっていました。ぜひゴムは取り付けておきたいグッズです。

 

ネットでは、ここにシリコンチューブを取り付けて傷の防止をされている方もいますね。とにかく大事に大事に使ってあげれば、所有する喜びも満足感も違ってくるでしょう。

 

ところで、ネットを読むと、オークションでは、2014年に89年製の新品で21000円、程度の良い中古で87年製が14000円で落札されていたようです。あら、あらっ、今とほとんど変わらない値段です。