rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

コールマン ガソリンストーブ やっぱりツーレバーでしょ!

先日、紹介した「コールマン ピーク1 400A」はツーレバー。

火力を微調整できることから、とろ火での調理が可能です。

 

でも、最近のコールマンのストーブはワンレバーばかりです。簡単な仕組みだしコストを抑える方法なのかもしれませんが、ちょっと残念です。

f:id:rmenx13:20190119162417j:plain

このレバーがあることで弱火にできるんですね。

(型番は508。 左に燃料を入れるキャップがありますが、508Aは樹脂製。写真のような金属製の方がお似合いです 。508Aの初期型は金属みたいです。)

 

下は「コールマン スポーツスターII デュアルフューエル 533 」という現在販売されているモデルです。下の方にレバーの役割が書かれています。

f:id:rmenx13:20190119162653j:plain

 《Amazon

左から「OFF」「LOW」「LIGHT  HIGH」となっています。

右側にレバーを動かして点火し・・・そのまま「HIGH」

中央に戻すと「LOW」になります。

 

ただ、これが微妙で、ツーレバータイプに比べて弱火にするのが難しいのが弱点です。高温調理から弱火までこなせると、あらゆる調理に活用できそうですが・・・・

 

ネットを見ると、レバーでの調整が難しいので、ストーブの高さを変えて炎を離す方法で弱火にされている方もいます。工夫してますね。

 

ただ、ツーレバータイプは現在販売はされてはいません。

コールマン500 、502(前期赤いレバー、後期黒いレバー)、 508ですね。(502A、 508A  533はいずれもワンレバー)

特に500や502はビンテージでメカニカルな風貌が男心をくすぐります。ただ、値段が・・・特に新品はけっこうな値段です。

とにかく古いものなので・・・・502でも1985年終了。

 

カセットボンベに慣れて、ゆるいキャンプをしている自分にとってハードルが少し高いかもしれませんね。

 

でも、欲しいなー!