rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

断熱シート、貼りましたよ!

リビングの窓に置いてあったものを下ろして、綺麗に清掃。

窓ガラスは洗剤ではなく水拭きをしました。f:id:rmenx13:20181218065324j:plain

シートにはガラスに貼る面が指定されているので、間違えないようにと小さなシールが付属しています。ロールになっている内側がガラスに貼る面です。

ガラスは凸凹しているのですが、両面テープは使わず貼ってみることにしました。

 

「ニトムズ 窓ガラス断熱シートフォーム 10m E1581」

水張りができるので簡単です。7mm厚のもありましたが、使ったのは厚さが4mmのもの。10mもあるので、いろいろな場所に貼れて便利です。

 

まずはガラスの大きさにシートを切りました。ハサミでは切りにくいので、カッターを使いましたが、シートを少し大きめに切っておくといいみたいです。その方がカッターで切りやすいですよ。

水を窓ガラスにまんべんなくスプレーします。

そして、上の角にシートを合わせて、指や雑巾などで押さえつけながら貼っていきました。水が乾かないうちは、何度も張り直しができるのがいいですね。空気が入らないように、全体を雑巾で押さえました。

シートを少し大きめに切っておいたので、よく切れるカッターではみ出た部分を切ってしまいます。シートが短いと、切りにくいです。

f:id:rmenx13:20181218065817j:plain

シートをしっかり押さえておかないとカッターで切るときにずれてしまいますよ。

写真のシートがはみ出し過ぎ。もう少し短い方が扱いやすいです。シートは2~3㎝くらいはみ出すぐらいに切っておいた方がよさそうです。f:id:rmenx13:20181218065837j:plain

右側のガラスに貼り終わりました。f:id:rmenx13:20181218070014j:plain

左側も同じように、貼って完成。f:id:rmenx13:20181218070051j:plain

 

作業してみた感想。

・シートの表裏を間違えないこと。

・シートは少し大きめに切っておいて、カッターで余分な部分を切った方が作業が早い。

・カッターを使う時はシートをしっかり押さえておかないと、シートがずれてしまう。

・鍵の部分は、シートを押し込めばOKf:id:rmenx13:20181218073419j:plain

 ※作業自体は、それほど難しくはありませんが、カッターを上手に使って、シートを切りすぎないように気をつけることですね。

 

断熱シートのアップ。f:id:rmenx13:20181218070442j:plain

 さて、肝心な効果ですが、昨日は気温が高く、前日のようなしんしんとした冷え込みはありませんでした。今後検証していきます。

 

シートに触っても冷たくはないし、シートを貼っていないよりは効果があると思いますよ。

また水貼りでしたが、剥がれる様子は見られません。

 

この後にキッチン、トイレと二か所に貼り付けました。

シートは10mと長いので、時間を見つけて大きいガラス戸にも貼ってみようかと思います。 

 

※失敗した部分。

きちんと貼ったつもりだったのですが、あらあら、隙間が・・・f:id:rmenx13:20181218073529j:plain

 

※追記:2019.1.28

凸凹ガラスに貼った断熱シートですが、剥がれるかなーと心配だったのですが、今のところ剥がれてはいません。

ただし、浴室のドアに貼った断熱シートは剥がれました。ここも中が見えにくいようにするために凸凹になっていますね。仕方ないので、断熱シートの上だけ養生テープでとめておきました。

※追記:2019.11.23

断熱効果は数字では確かめられませんが、断熱シートに触れても冷たさは伝わってこないので、かなりの効果があると思います。