rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

山リッドSUS フライパンの蓋は便利

山フライパン 17㎝の蓋 「山リッドSUS」

f:id:rmenx13:20181125052529j:plain

【サイズ】約φ169×26(高さ)mm

【重量】約11g

Amazon

 

 

ステンレス製の美しい蓋です。上部が少し膨らんでいます。

御覧のようにピッタリ。がたつきはありません。さすが専用蓋です。

f:id:rmenx13:20181125053009j:plain

フライパンに蓋があると、料理の幅が増えますね。汎用のガラス蓋でもよかったのですが、ガラスは重いし、割れやすいので、キャンプ用にはステンレス製が丈夫で一番かと思います。

 

こんな風に裏返すと出っ張りがなくなり、コンパクトに収納できます。

f:id:rmenx13:20181125053106j:plain

 

ネジでとまっているだけなので、ツマミを外すことができます。

f:id:rmenx13:20181125053223j:plain

 

キャプテンスタッグのステンレスフライパンに被せてみました。f:id:rmenx13:20181125053421j:plain

外側ではなく中に入ります。使えないことはないです。

 

キャプテンスタッグのラーメンクッカー2Lの蓋と比べて・・

ラーメンクッカーの蓋には出っ張りがありません。f:id:rmenx13:20181125053549j:plain

 

 

「和平フレイズ グレービークック グリルDE活躍セット ラムス GM-9206」

f:id:rmenx13:20181125054420j:plain

丸型20cm:41×22.7×20.0cm、蓋:5.4×20.7×20.7cm、着脱ハンドル全長:18.8cm

丸型20cm:0.46kg、蓋:0.14kg、着脱ハンドル:0.145kg

Amazon

キャンプ用ではありませんが、焦げにくい「ファイバーライン加工」が施されたフライパンです。

取っ手が取り外し可能、蓋もついています。これもいいですね。

 

フライパンには鉄製、アルミ製、ステンレス製とありますが、種類も多く、自分にぴったりなフライパンを選ぶって難しいです。ネットにはそれぞれの良さが記載されているので、さらに迷ってしまいます。