rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

SOTO ST-310 ウインドスクリーン 風除板

カセットコンロを折り畳み式のアルミ板で囲う方法をよく見かけます。ST-310には100均の型抜きをつけましたが、この風除板でさらに風を防ぐことが出来そうです。 
 
今回はこの市販の風除板に少し手を加えて、ST-310に使えるものに改造してみました。
 
風除板でストーブの周囲を囲めば風を押さえられますが、ボンベまで熱くなってしまうことが懸念されます。そこで、ボンベを風除板の外に出してしまいました。

 

以前にネットで風除板で囲んでもボンベが過熱されにくい加工方法を見たことがあったので、それを真似して作ってみました。
 
これが元の風除板
OUTAD ウインドスクリーン 風除板 折り畳み式 アルミ製 延長版 8プレート 収納袋付き」

f:id:rmenx13:20181018152619j:plain

Amazon

 
板は8枚なんですが、一枚は固定用に使ってしまったので7枚しかありません。
 
この中央に穴を開けてボンベを通してしまうという方法です。
 
カセットボンベを置いて、周囲をなぞりました。

こんな風に・・・。この形だと風除板を上からボンベに被せることができます。

参考にした風除板は四角く切りぬいていましたが、隙間がない方がすっきりするだろうと思い、ボンベの形に沿ってあえて半円にしました。
イメージ 3

このアルミ板は薄いのでカッターで切ることができます。何回かやれば裏側にも切り跡が見えてきます。はじめからハサミでもよかったのですが、ハサミだとアルミ板が曲がったり歪みが出てしまいます。

イメージ 4
 
直線部分はハサミで切って、半円の部分はゆっくりと剥がしていきます。
 
こんな感じで切り取れました。板が薄いので何カ所か歪んでしまいました。この後、歪みを直してヤスリがけをしておきます。
 
ボンベに被せてみます。
隙間もなくぴったり。いい感じです。
イメージ 6
 
こんな感じにボンベの頭が・・・。ここにストーブが来ます。
イメージ 7
 
実際にST-310をセットしてみました。
イメージ 8
 
もう少しボンベを後ろに下げてもよさそうです。
イメージ 9
 
SOTO ST-310
必需品。アシストグリップ、点火スイッチ、ケースのセット。
 
US700の場合。
イメージ 10
 
ユニフレーム ミニバーナーUS700
 
US700対応、専用遮熱板。
クッカースタンドを使う方はボンベが加熱せずによさそうです。
f:id:rmenx13:20181018152331j:plain
Amazon