rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

デイツ10

以前購入したデイツ10。

変わったデザインで気に入っています。現在も販売されていますね。でも、これは、「ニッケルメッキ仕様」。

そして電球仕様です。

f:id:rmenx13:20180211175500j:plain

15Wのシャンデリア電球がついています。シャンデリア球はLEDのもありますが、高価!

f:id:rmenx13:20180211175523j:plain

 

f:id:rmenx13:20180211175641j:plain

このバーナーユニットを交換すれば、灯油ランタンとして機能します。

f:id:rmenx13:20180211175707j:plain

このデイツ10と同じような構造のバーナーユニットなのは、デイツ80やデイツ90。

本体などを加工しなくても、このバーナー部分にソケットを組み込めば電球仕様にすることが可能です。

 
バーナーの分解。銅製のギアも外してしまいます。
イメージ 2
一部を切り取って、ハンダ付け。
イメージ 3
配線。
イメージ 4
ソケットは前回と同じホットボンドで固定。
カバーの穴からコードを通してハンダ付けを行いました。
ソケットには付属していたプラスチックの絶縁カバーを取り付けてあります。
ソケットが短いので、風防から飛び出していません。
イメージ 5
 
ツマミはダミー。これがないと灯油ランタンという感じがしません。
イメージ 6
今回使用したものは 口金E12の25Wです。かなり明るいです。

もとももホヤガラスに歪みがあるので、電球の光がそのガラスホヤに反射して、おもしろい模様を描き出しています。

イメージ 9

 

 デイツ80。なすび型のホヤが特長の大型ランタン。

 

デイツ90。これも、かなり大きいランタンです。

 

電球仕様なら、いざという時に灯油ランタンに変更できます。「いざ・・」なんて起きないことを願っていますが・・・。

 

 

※おまけ

デイツ2000 ミレニアム 。こんなランタンもあるんですね。

f:id:rmenx13:20180211181337j:plain

 欲しかったんですが、付属のポット・・果たして使うかなー?

f:id:rmenx13:20180211181450j:plain

〘出典:Amazon

このランタンだけで調理をするって無理があるでしょう。

それなら江戸川屋ランプさんの「ウォーマーランタン」の方がよさそうです。