rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

NIKON COOLPIX B700 Ⅲ

付属品は、
 
ストラップ・レンズキャップ LC-CP29(レンズキャップ用ひも付き)
Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL23
本体充電ACアダプター EH-73P
USBケーブル UC-E21
この他に、説明書やクロスなどが入っていました。
 
さっそく、ストラップの取り付け。新しい靴に靴紐を通すように、ウキウキする感覚ですね(ウン?、ちょっと違うかな?)
 
バッテリーを入れて、ACアダプターにつなぎました。電源スイッチの周りが黄色くチカチカし始めて充電が開始されました。
 
カメラ本体もコンパクトで、何と言っても軽いです。これはいい。
大きなカメラは嵩張るし、重いし・・・・。この小さなカメラの方が機動力がありそうです。
色は真っ赤ではなく深い赤。渋いなぁー。この写真で伝わりますかね。
イメージ 3
 
カメラです。
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 13
このカメラの「ブラック」はマットブラックでざらざらしていて指紋などはつきません。
 
 
さて、これがCOOL PIX B700。
 
イメージ 15
 
似たような機種がコレ!  
こっちは一眼レフですけど。
同じレッドなんで遠目で見たらわかりませんね。D3400です。
 
イメージ 14
〘上の二つの写真  出典:Amazon
  
レンズが交換できる一眼レフと違って、B700の方が塊感があるように思えます。ラインも綺麗。デザイン的にはB700の方がまとまっているように見えます。
 
一眼レフはボディー+レンズでセットです。その他にもいろいろ必要。
 
最初から揃っているセットモノもあるようですから、便利です。これで、1?万円?
イメージ 16 〘上の写真  出典:Amazon
 
 
ただ、いろいろなレンズを交換できるという謳い文句ですが、マニアでない限り、そんなにたくさんのレンズを揃えることは無理ですよね。値段も高いし。カメラ沼もとっても深いので・・・・。また、デジタルになりカメラ機能の進歩が驚くほど速いので、数年で性能落ちしてしまうことも・・・。やっぱり中級機を買い替える方が、良いのかも。