rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

ジェントス EX-1000C 《続き》

我が家に来たEX-1000C。

 購入理由は、なんたってホヤガードがついたランタン風の風貌と1000ルーメンという明るさ。さらには値段でした。デザインが他のジェントスと違って趣きがあります。コールマンのガソリンランタンやガスランタン風のデザインでカッコいいです。 置いておくだけでも雰囲気が出ます。

 

1000ルーメン。LEDランタンにしては驚異的な明るさですが、ガソリンランタンに比べたらたいしたことありません。少人数のキャンプならメインになるでしょう。

「ガスランタンに匹敵」なんて、うーん、ちょっと誇大かなー。

 

さて、今日のメインは、コールマン ノスタルジアランタン 

サイズ:約直径18×高さ35cm

重量:ランタン/約1.8kg、ACアダプター/約220g

材質:スチール、ガラス、他

明るさ:約700ルーメン

連続点灯時間:High/約15時間、Low/約250時間

使用電源:単一形乾電池×6(別売)、ACアダプター(付属)

使用バルブ:LED

 

材質も本物のコールマンランタン同様、本体はスチール、ホヤはガラスです。凝ってますね。当然重いです。

295ランタンにLEDを内蔵した暖色系のランタン。保管時の電池を最適な状態で保存できるバッテリーロック採用。ガソリンランタンの本格的な雰囲気をどこでも楽しめるツーマントルランタンボディを使用した700ルーメンウォームからーLEDランタン。

Amazonにあります。

 

面白いですね。でも、とにかく重そうで、しかもガラスがありますから輸送には気をつけないと。ランタンケースⅡが廃盤なので、それに替わるフューエル ランタン キャリー ケース ブラックが必要かな。・・・それがネックですかね。

 

 

以前、所有していたコールマンに蛍光灯を2本使ったランタンがありました。

 これは現在販売されているもので、僕が持っていたものは迷彩柄でなく、色はグリーンでした。正面のつまみで明るさを切り替えできます。単一乾電池6本使用ですが、電池を入れるのに一苦労。詰め込むと本体が割れてしまうのではないかと思うぐらい入れにくかったことを覚えています。しかも、蛍光灯2本は暗い! 

結局、重い、暗い、嵩張る・・で、手放してしまいました。

 

ノスタルジックランタンはLEDだし金属製でがっちりと作られているので、ちょっと興味はあります。でも、キャンプに連れて行くにはちょっと・・

 

前回も書いた、EX-1000Cのランタンの底にフックがないこと。このコールマンのランタンのようにテーブルに置いたり吊るして使うことを前提に作られているわけです。それを無理やり逆さにして使おうとするから「フックがない」というマイナスレビューになってしまうんですね。このノスタルジアランタンを逆さにして使う方はいないでしょう? 

「EX-777XPはメインランタンに使えない・・・」とマイナス面を言うのと同じ? 仕様なんですから・・・。

ガソリンランタンは絶対に逆さにして使いませんよ。