rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

ユニフレーム ごはんクッカープラス

ユニフレーム ごはんクッカープラス。ソロ向きの黒皮鉄板のフライパンをプラスしたセットなんです。

 UNIFLAME ユニフレーム fanライスクッカー DX (2~5合)

少し大きめ。

 ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX  家族用かな。

 

 

f:id:rmenx13:20171015090601j:plain

調理の楽しみを重視した本格クッカー。黒皮鉄板のフライパンとライスクッカーをセット。フタの動きで火加減がわかるライスクッカーと頑丈な黒皮鉄板のフライパンをセット。調理の楽しみを広げる本格的なコンパクトクッカー。

【サイズ】
収納時:約直径165×114mm
ライスクッカー:約直径15.5×9.1(深さ)cm
アルミクッカー:約直径14.3×6.8(深さ)cm
フライパン:約直径14.3×3.5(深さ)cm

【材質】
ライスクッカー・アルミクッカー:アルミニウム・アルマイト加工
フライパン:黒

(引用:Amazon)

 

ごはんクッカープラス

f:id:rmenx13:20171015090846j:plain

f:id:rmenx13:20171015090945j:plain

f:id:rmenx13:20171015104346j:plain

 

これが全てです。頑丈な黒皮鉄板のフライパンは重いです。これが小さいアルミクッカーの蓋にもなります。

f:id:rmenx13:20171015091044j:plain

蓋をしてみました。こんな感じです。 

f:id:rmenx13:20171018191900j:plain

 

ごはんクッカーを使ってご飯を炊いてみました。

内側に米の量、水の量を示す目盛りがあり、それに合わせて量を計れるようになっています。 とりあえず二合の米を研いだ後に、水を目盛りまで注ぎ、三十分置きました。

そして、ガスコンロを使って強火に・・・・・・やがてカタカタと蓋が合図をしてくれました。 有難いですね、音で教えてくれるのですから。

イメージ 1

蓋の間から、少し泡があふれてきました。その後に弱火に切り替え、しばらくそのままにしました。

やがて湯気の出方が弱くなりました。

 

火をとめて10分ほど、そのまま放置しました。 蓋を開けてみると・・・・・

イメージ 2

上は少しかきまぜた後の写真。焦げることもなく、うまく炊けました。

 これはいいわ。さすが、米炊き専用品。失敗なくお米を炊くことができました。

 

トランギアケトル 0.6L TR-335を中にすっぽりと入れて・・・

 イメージ 8

 

スノーピークの収納袋に入れれば完成。

f:id:rmenx13:20171015104450j:plain