rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

イワタニ・ガスヒーター CB-8 

イワタニ・カセットガスヒーター CB-8は、すでに廃盤になってしまったイワタニの野外用のヒーターです。

でも、オークションでも高値で取引されるなど、今でも人気のあるヒーターなんです。

 

 イワタニ CB-8

●点火方式: 圧電点火式

●発熱量: 1.6KW(1400kcal)

●外形寸法:  使用時/幅194×奥行312×高さ400(㎜)

●収納時/幅194×奥行184×高さ338(㎜)

●質量(本体)  約2.7Kg 容器(ボンベ)除く 

●使用ガス  イワタニカセットガス(市販カセットガス)

●ガス消費量  約115g/h(連続使用時間:MAXにて約2時間30分

●用 途  屋外用

●材 質 本体/スチール バナー/セラミック パイプ脚/スチール+クロームメッキ

● ヒートパネル搭載● ヒーター本体の角度調整が可能  

● ツーアクション自動点火方式

イメージ 3

タテ型なのでとてもスリムです。

先日のイワタニのカセットストーブCB-CGS-PTBより場所を取りませんね。

f:id:rmenx13:20171008070025j:plain

このストーブにも小さなセラミックヒーターが使われています。発熱量: 約1.0kW (900kcal/h相当) ベトナム製です。

 

CB8のタテ型のセラミックヒーター。

イメージ 2

下は前のモデルのCB-7N。CB-7Nの方がセラミックパネルが大きいし1500kcal/hという火力があります。

f:id:rmenx13:20171015180455j:plain

CB-8は燃焼部分が小さい分、ガスが長持ちするようです。


またグリーンウッドから出ている「GCP-161」と同じような形をしています。

f:id:rmenx13:20171009123625j:plain

これは最大発熱量は1.6kW(1,400kcal/h) あります。

 

 

この金属の脚を起こしてヒーターを安定させます。

イメージ 4

黒いつまみを緩めて脚を動かすと任意の場所で固定可能です。この仕組み、よく考えられていますね。

蓋は留め金で固定するタイプ。

イメージ 5

 

裏蓋を開けると、こんな感じ。銅板のヒートパネルは自作。

イメージ 6

安全装置がついているので、もしもボンベが高温になってもガスの供給を遮断するようになっているので安心?

 

点火してみました。

イメージ 10

はじめてブルーフレーム。綺麗でしょ!

そしてしばらくすると、しばらくすると、セラミックが赤くなってきました。

イメージ 11

上の方に熱が集中しますね。安全ガードが熱のために変色しています。
「高温注意」とあるのも、そのためです。ステンレスの部分はすぐに熱で色が変わっていきました。

 

カセットガスヒーター比べ

●CB-8という機種はとても人気があるようですね。最終モデルCB-8というだけで他のモデルよりも高値で取り引きされています。あのデザインに惹かれるのでしょう。1400kcal/h、2時間30分。ちょっと少なめですが・・・
●CB-7Nは前機種(前後期あり 前期・・点火位置の表示なし、蓋ははめ込式、後期・・点火位置の表示あり、蓋は留め金式の違い)ですが、こちらは1500kcal/h、2時間。セラミックパネルが大きい分、熱量があります。パワーで選ぶならこっちでしょうか。CB-8よりお安いし。

●CB-7のデータはないのですが、こちらは取っ手が折り畳みではなく固定されているようです。 ※いずれも野外専用ヒーターですので、転倒、立ち消え不完全燃焼に対する安全装置は搭載していません。ただ圧力感知安全装置(閉止型)はついています。

イワタニのカセットコンロ室内用は機種にもよりますが、900kcal/hと若干弱め。3時間20分。 室内用とあって、安全機能が充実。 1.不完全燃焼防止装置 2.立ち消え安全装置 3.転倒時消火装置 4.圧力感知安全装置

イワタニ アウトドア用のCB-ODH-1も900kcal/hで、3時間20分。

これも、立ち消え安全装置 、転倒時消火装置あり。 
 

 

カスタマイズ。つまみに赤い塗料を流し込んでみました。こうすると、分かりやすいですよ。

イメージ 2