rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

GENIOL 150CP メッシュホヤの製作

ホヤがひび割れて使い物にならなくなってしまったので、ステンレスメッシュにすることにしました。

ステンレスのメッシュは以前コールマンのランタンで作ったことがあります。

 

ステンレスメッシュを取り付けたランタン。

イメージ 1

それにしても、この青い輝き。素敵ですねー。

イメージ 2

 

メッシュ仕様の点火。

まずはマントルの取り付け。

ペトロに替えてコールマンの「CL1」で使用している評判の良いマントルを装着しました。ペトロより丈夫と聞いています。

イメージ 1イメージ 10 

 イメージ 11

これはゴールドトップという古いマントルです。上の部分が切れてますが、「ソックスタイプマントル」と書かれています。番号は21A101J

ゴールドトップは丈夫なマントルみたいですね。今は廃盤だとか・・・
 
ネットの記事によりますとマントルは、ゴールドトップタイプが付いていましたが、放射性物質が含まれているということで今は販売していないようです。
なんでもゴールドトップの方が明るいらしいのですが、これも小生にはわかりません。」
とありました。ほう、そうなんだー・・・

 

ポンピング 

予熱バーナーに着火する際、圧力をかけ過ぎて激しい火柱になってしまうと思うので 、最初からそんなに圧力をかけなくてもいいのかもしれません。

イメージ 2

ネット動画でもそんなに圧をかけないうちに予熱バーナーに着火しているように見えました。 着火したら炎を見ながらポンピングすればいいのかもしれません。)

 
予熱バーナーに点火。そしてマントルを燃やします。マントルに火が移ったら予熱バーナーを消して・・・・・一度トップフードまで炎に包まれましたが、その後安定し、トップフードまでは炎は行きませんでした。
イメージ 3

マントルが白くなったので本格的に予熱作業。圧力が下がるので、さらにポンピング。 


いいぞ、いいぞ・・・。
そして予熱完了。真夏なので90秒も予熱していません。
メインバルブをゆっくりとあけていきます。

メインバルブに点火。すぐに予熱バーナーを消します。

イメージ 4

さらにポンピング。炎は安定しています。

 

しばらくして消火。圧力計に付属しているネジで圧力を開放します。


トップフードなどの検証を行います。あの「青色」だったフードの色は今回の点火によって色褪せています。

イメージ 5

ステンレスメッシュはどうなったかというと。

イメージ 8

ガラスホヤの場合もものすごい熱を浴びせられるのでしょう。

 
見栄えは悪いのですが、メッシュの方が壊れる心配は皆無だし、実践向きに思えます。
観賞用にはガラスホヤにすればいいだけ。

 

そして気になっていたマントル。破れていません。健在です。

イメージ 7

さすがコールマン。もうペトロのマントルには戻れません。

 

この後も圧力計の針が動かなかったり、ポンプがスカスカになったり、トラブル続きでした。

これが取り付けてあったポンプ。このゴムを交換しました。

イメージ 3

ところが、Amazonで販売しているのは、これ。違いますね。

 

 さて、このランタン。使うものがしっかりと手入れしてあげないとダメみたいですね。
ランタンに限りませんが、どんなものでもしっかりと丁寧に手をかけてやる・・そうすれば応えてくれる。改めて、そう感じました。

 

 でも、大好きなランタンです。

イメージ 4