rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

GENIOL 150CP 初点火

GENIOLの初点灯です。

ポンピングしてしばらくすると、圧力計の針が0に戻っていきます。どこからか漏れがあるのでしょう。さっそくトラブル発生!


とりあえず付属の道具で増し締めしておきました。

イメージ 1

ノズル落下防止用の真鍮の針金を取り付けて。

イメージ 3

専用のマントルの取り付け。

イメージ 2

予熱バーナーに火をつけて、空焼きをしました。

イメージ 4

予備バーナーの轟音とその炎の大きさに驚きました。ものすごい音でした。爆発するかと思いました。

でも、これに慣れておかないと点火すらできなくなってしまいます。写真は少し圧力が落ちた時のモノ。もっと大きな炎でした。

ちょっと気になることが、予備バーナーの付け根から炎が出ていますよ。

予備バーナーを消しても、まだ火が残っています。

イメージ 5

何か嫌な予感!

 

予備バーナーで熱した後、点火つまみを回した直後です。おーっ、炎上! すごい! おもしろい!

イメージ 6

ここまで炎が上がると、笑うしかありませんね。

予熱が足りなかったのか、それでも数度目でようやく安定。

意外と明るくありません。(500CPにはかないませんね)

イメージ 7

点灯中に圧力が下がりましたが、点灯は続いています。少しポンピングしておきました。圧を上げると、音が変わってきます。

イメージ 8

コールマンのピーク1の時もそうでしたが音って大事です。ポンピングが足りないと赤い炎。ポンピングするといい音がして、炎が青くなってきます。

 

さて、点灯実験が終わり・・・・各部品を調べてみると、「あーっ」 マントルが破れていました。

イメージ 9

予熱バーナーが強烈すぎたのか、または勢いよくノブを回しすぎたのか、とにかく見事にマントルが破けてしまいました。

 

それと、ホヤが・・・・中央には大きなヒビ。さらに溶けて白くなってしまったガラス。

イメージ 10

マントルが破れたことが原因です。そこから炎がホヤに向かって・・・すぐホヤを注文しました。

 

空気漏れチェックのために圧力をかけた後に、石鹸水につけてみました。すると、この穴からブクブクと泡が出てきました。

イメージ 11

ここかー。

元の持ち主の言う通り「じゃじゃ馬だー」

 《続く》