rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

GENIOL(ゲニオール) ランタン 150CP

加圧式のランタンです。

ペトロマックスHL1(廃盤)のような灯油ランタンは芯に灯油を浸み込ませて火を灯すタイプ。ほのかな明るさが癒し効果を生み出します。明るくはありませんがムード満点です。

それに比べて加圧式はポンプで加圧するので、かなりの明るさがあります。その中でも小さいサイズのランタンがペトロマックス HK150。150とは150CPの意味。キャンドルパワー=ろうそく一本分の明るさだそうですが、ろうそく150本分ってわかりませんよね。非常に感覚的です。今は表示禁止らしいのですが・・・・。 

 

このペトロマックスHK150とほぼ同じランタンが、ゲニオールランタン150CPです。

イメージ 7

 

10年くらい前のものでしょうか。使い込んだ跡がところどころに残っています。チムニー内も煤で真っ黒。
(底には「143687」という刻印。この意味は? 製造年月日なのか、シリアル番号なのか?)
磨けば綺麗になるのでしょうが、この雰囲気もなかなかいい感じです。トップフードやタンクにはロゴも何も入っていません。

イメージ 1

針が動かなかった圧力計。

イメージ 2

ポンプを何回も押すと圧がかかっていることがわかります。開閉ツマミを回しても、予備バーナーを開いてもシューという音とともにエアが抜けていきます。そして圧力計脇のツマミを回すと、シューという音とともに減圧しました。


でも、最初は圧力計の針は全く動きませんでした。


この圧力計はブルドン管式圧力計というのだそうです。
子供の頃にあった玩具で、らせん状に巻いた紙にふーっと空気を入れると、ヒューとまっすぐに伸びる・・・あの原理かな?


実際に分解してみたら、ありました。板のような金属が丸くなっています。その先が針につながっていました。この板のような金属の中をエアが通っているんです。


針が何かにひっかかっているのではないかと、針を左右に動かしたり針の角度を変えてみたり。メーターのプラスチックに引っかかっているのかも・・いろいろやってみました。そして、・・・・・・直りました。


どこかにひっかかっていたんだ。でも、動きました。めでたし。

 

〘追記〙ナチュラムでは、圧力計が動かない場合の対応について
・ポンピングが正常に行われていない、スカスカしている。
・圧力調整ネジが締まっていない。
・燃料キャップがしっかり閉まっていない。
・グリップホイールの矢印が下向きになっている。
・余熱バーナーが開いている。
 
タンクに燃料を入れずにテストした場合、圧力計の針が動くまで内圧を上げるには、最低でも100回以上はポンピングが必要になります。
 
 と、ポンピングが出来ていないこと、ネジが閉まっていないことをチェックし、それでもダメなら圧力計を交換してくださいという記述があります。

 

一方タンクには・・・
イメージ 4

見た目は日焼けした肩の皮が剥けたような感じ。タンクの上部に塗装の剥がれのようなものが見られます。
ということは、クリヤー塗装をしている?


ペトロなどのランタンの記事を見ても、こんなことは書いてはいませんが・・、
デイツの真鍮ランタンのように表面保護のためにクリヤー塗装しているとしか思えません。
塗装を剥がすか、このままの状態にしておくか・・・・・


 磁石がつかないトップリフレクター。(右がペトロ用のリフレクター。白い丸いものが磁石です)

イメージ 3

ゲニオールをお持ちの方の記事にも磁石がつくとありました。

でも、なぜかこのリフレクターには磁石がつきません。真鍮無垢?

 

GENIOL(ゲニオール) ランタン 150CPでした。